菓子遍路 一哲★酒井哲治 主催「和菓子と抹茶」@向島百花園

向島百花園の御成座敷で、和菓子と抹茶体験!
今回は、東向島百花園での和菓子イベントでした。

向島百花園とは…
仙台出身の骨董商、佐原鞠塢(さはらきくう)がもと「多賀屋敷」と呼ばれていた土地を入手し、1804年(文化元年)に開園。
江戸時代には文人墨客のサロンとして利用され、著名な利用者には「梅は百花にさきがけて咲く」といっていた「百花園」の命名者であった絵師酒井抱一や門の額を書いた狂歌師大田南畝らがいる。

という、都内の名園。
その御成座敷や茶室を使った!和菓子と抹茶を楽しむイベントでした。

参加者も多く!はじめ和菓子作りにチャレンジされる方も。
形を作る難しさは、ありましたが…楽しく、和菓子の美味しさを再発見していた方も。

受付のお手伝いをさせていただきましたが、皆様がニコニコ(^○^)して、お帰りになる姿に…イベントに参加できて良かった♪と感じられました。

また、機会がありましたら、イベントのお手伝いに参加したいと思います。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
個人としても、ぼちぼちレッスンをはじめようかと…
イベントとは違い、少人数制なので、じっくり技術を教えられると思いますので、ご興味のある方はは、よろしくお願いいたします!

powered by crayon(クレヨン)